生活雑貨とリノベ生活  ryugoo
July 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

戸建てのリノベにこだわる

isuのie

今回のお二人はプロダクトコンサルタントのご主人と、プロダクトデザイナーの奥様です。以前の住まいもそこそこの家賃だったし、将来家族が増えることを想像した時にそこに住み続けるよりは早く家を買ってローンを払う方が良いのではと決心されたということです。

早速物件探しに、一番こだわったポイントは戸建であるということ。二人とも実家が戸建ということもあって、戸建に暮らすという方がイメージがつきやすかったそう。またマンションは購入しても、自分で中も外も全て変えるということは難しいという点も気になっていたそうです。

戸建なら自分たちで修理のタイミングなどのさじ加減が調整出来るということが二人にとって一番重要なポイントでした。

他の条件は、周辺環境が静かで落ち着いていて、ゆったりと暮らすために100平米以上の広さが欲しいということ。

最終的に決定した物件は、ラスも広いし、何よりも元々の物件が変わっていました。壁がほとんどなくて、最初からスケルトン状態のような感じ。これならより自由に計画出来るんじゃないか!と思ったそうです。2階建て、116屬里海舛蕕お二人の新居となりました。


間取りに関しては元々が壁の少ない構造だったこともあり、それを活かしたプランにしようと考えたそう。「1Fはワンフロアで広々と。悩んだのは2Fですね。元々2Fもワンフロアだったのでむやみに区切ると勿体無いなと思ったんです。でも実用性を考えると有る程度区切った方が使い勝手が良いかもしれないし…」とかなりごだわったイメージをお持ちの奥様。

また家に置くものには人一倍気を配られているご夫妻。空間に飾るように置かれるインテリアや小物はどれもこだわりの一品。特に椅子には強いこだわりがありました。

デザイナーから提案したコンセプトは「isuのie」。ほとんど壁を設けない開放的な空間に、心地よい余白を取りながら置かれる椅子や小物。「椅子」ではなく「isu」とすることで、どんなものが置かれるのかイメージに奥行きが与えられます。

2Fに繋がる吹き抜け部分も、奥様の好きな木と黒い鉄を合わせたデザインですっきりとまとまっています。妥協せず時間をかけたからこそ、細部まで自分たちのこだわりを詰め込んだイエが完成しました。

「通勤時間が長くなったので朝は早起きになりました。そのため必然的に夜も早く寝るようになったので、とにかく生活が規則正しくなりましたね。」と振り返る奥様。

「朝起きると、家中のロールスクリーンや雨戸を開けて回るんです。細かいことですが、そういうことでちゃんと生活しているなーという実感が湧くようになりました。」とにっこり。

全て自分たちでつくった自分たちの家だから何でも大事に使おうと思うようになったと語るお二人は本当に幸せそう。

「周辺環境にこだわったこともあって、朝、ウッドデッキに座ってぼーっとしていると、鳥のさえずりが聞こえたり近所の猫も一緒に日向ぼっこをしていたりと、心身ともに気持ちが良い。この日差しが入ってくる感じは、戸建ならではなんじゃないのかなと思っています。」とご主人。お二人のお話の中で特に印象的だったのは、「普通」を楽しむということ。そんな仲良しのお二人が、今後も家のあらゆる場所を少しずつ居心地良く変化させていくのだと思います。

 

 

 

 

 

レベルデイベッド

 

強くしなやかなデイベッド。

Level Daybedは、あくまでシンプルなフォルムを貫いたデイベッド/ベンチです。

木材などを作業する際に使用するソウホース/架台のように機能的な足廻りが特徴的で、ビジュアル的にもしっかりとしたサポートを提供してくれます。

しなやかなレザーの直線的なクッションが上品で、どのような空間でも使いやすいデザインです。安定感をデザインとしても実質的にも体現したデイベッドです。

オプションのピローをシンプルなフォルムのデイベッド/ベンチと一緒にお使いいたくと、より快適でビジュアル的にもコーディネートの幅を広げてくれます

 

リノベは私のpersonal history。

「ありのままの自分」を伝える婚活リノベ

なんとも今回のオーナーのリノベーションは、変わったというか、個性的と言うか、なんと婚活の一環でリノベーションでの家づくりに取り組まれた事例です。なんとなんと年頃のお嬢様です。

自分の価値観を伝える一番のツールが《家》だと考えていたオーナーは、 「婚活中にローン付きになるヤツがどこにいるんだ!」って親御さんに反対されたにもかかわらず“自分の好きなもの・大切にしているもの”や“今まで頑張って働いてきた証”が詰まった家を『いいね』と言ってくれる人と出会いたいという強い信念のもと、反対されても気持ちは揺らがなかったそうです。

そんな彼女がつくり上げたお住まいは、L字型の間取りが特徴的な、明るい陽射しが注ぎ込む気持ちのよい家です。 

キッチンは、集成材とブロックタイルを使ってオリジナルで造作されています。大好きな料理をする時間が楽しみになるよう、デザイン性はもちろん、使い勝手にもこだわっています。例えば、真っ白のシンクはステンレスを採用。ホーローと違って、割れや傷に神経質にならず使えるのがメリットです。頻繁に料理するからこそ、見た目と機能性のどちらも兼ね備えたものを選んだそうです。また、何枚もの中から選んだブルーグリーン色のタイルは、お住まい全体のアクセントになっています。 

三面窓の窓際沿いには、六角形のモザイクタイルをぐるりと敷き詰めてインナーバルコニー風に。タイルが陽の光を受けて室内を明るく照らします。 リビング収納や寝室の仕切りには生成りの白いカーテンを使用。柔らかな布が部屋全体に穏やかな空気の流れをつくり出しています。 

トイレと洗面室を一体型にすることで生まれた空きスペースには、インテリア雑誌で見つけたアイデアを取り入れ、ニッチの棚を設置し本棚として活用しています。洗面室のドレッサー鏡は可動式になっており、小さな窓から換気ができるようになっています。 

自分の好きな素材、色、インテリアが詰まった、こだわりの婚活リノベーション。

なんと彼女の思惑通りというか熱意の成果でしょうか。新居で暮らし始めて3か月後、電撃結婚が決まったというから驚きです。まるでドラマのようなハッピーエンディングを迎えました。

リノベーションが愛のキューピッドになったというなんとも素敵なケースでした。ほんとうにオメデトウございます。

 

 

 

 

 

ヴェルデコーヒーテーブル

丸みと大理石が特徴のコーヒーテーブル。

Verde Coffee Tableは、サイズの違う2段式の天板が特徴的なコーヒーテーブルです。スチールパイプでオーバルの全体のフォルムにオーバル型のオークベニアの天板、その上に素材の異なる大理石の円形天板が配置されています。

この上段の天板は、ブラックマーブル、ブラウンマーブル、ホワイトテラゾ(人工石)の3素材から選択可能です。上段には花やオブジェなどデコラティブに、下段には雑誌など実用的に分けてお使いいただけます。

シンプルながらしっかりとしたキャラクター性をもったデザインは空間の主役となってくれます。

 

こだわりの男の住まい

 

Textures

 

今回のオーナーのお仕事は広告関係。今まで仕事の都合で何度も引っ越しを繰り返してきたで、ひとつの場所に留まってじっくりと暮らし自分のライフスタイルに馴染んだ安らぎの空間がつくれるかも。そんな思いから思いきってオーナーが選んだのは中古マンションを買ってリノベーションするという方法でした。

「新築マンションはどれも似通っていて魅力的に思えなかったし、リノベーション済み物件もいいけれど、自分らしさを最大限に出すなら中古マンションをリノベーションする方法が合うかなって。」まずは自分で物件を探し始めます。

物件を選ぶ際にゆずれなかった条件は都心で通勤に便利な立地であること、そしてマンションの管理状態が良いということでした。

最終的に選んだのは築37年、48屬諒件。そして専有部はもちろんのこと共有部の管理状態が良かったということで決断したそうです。

希望したのは無骨な雰囲気漂う男らしいお部屋。またスペースを無駄なく有効的に使い、様々な素材を使用してそれらの異なる質感を楽しみたいと考えていました。

デザイナーが提案したコンセプトは「Textures」。素材そのものやその重なりを視覚・触覚で様々な角度から楽しめる部屋をイメージしました。出来上がったのは無駄な凹凸のないすっきりとした1LDK+WIC。土間を上がると縦長のLDKの床に幅広のオーク無垢フローリングが広がります。

天井は無骨な印象のコンクリート現し、壁は白く塗装を施すことでラフな雰囲気の中にも異なる質感を楽しめるつくりに。その空間の中で際立つのは造作の壁付けキッチン。あえて棚は設けず天板だけが浮いているようなシンプルなデザインを選びました。

キッチンの後ろには、お酒が好きというオーナーのためにデザイナーが提案した木のバックカウンターがあります。天板をやや広めにとったバックカウンターはお皿を並べたり調理スペースとしてももちろん使えますが、夜にスツールを置いてお酒をグラスに注げばBARカウンターに早変わり。

シンプルな空間に男の一人暮らしを謳歌するアイディアを詰め込んだイエ。それをより引き立たせるありのままの素材感が五感で楽しめるアクセントとなっていました。

リノベーション後はあまりの居心地の良さに友達がよく飲み来るようになったそう。ささっとキッチンで作ったお料理をつまみにバックカウンターで飲み直しが始まるんだとか。

裸足で歩くととっても気持ちいいオーク無垢の床、シンプルなステンレスのキッチン、コンクリート現しの天井。素材それぞれの味わいが調和する、男の住処が完成しました。

 

 

 

 

インプットオーガナイザー

自分好みに使えるウォールオーガナイザー。

Input Organiserは、壁面に設置する木製のオーガナイザーです。鍵やメガネなど毎日の小物を美しく収納できます。

8つの箱は自由に移動ができ、様々なシチュエーションに合わせて設定できます。天然のオーク材の美しい風合いが、直線的な全体のフォルムにユニークなキャラクター性を与えています。

玄関やオフィス、ベッドルームで便利に、そしてスタイリッシュにお使いいただけます。

 

陽だまりのある住まい

斜め張りのフローリングが映える、陽だまりの家

神戸市東灘区にある、人気のエリア。もともとお近くにお住まいだったご夫婦は、立地のよさに惹かれてこの物件を選んだといいます。 

リノベーションしたお住まいは、お二人の好きなカラーであるブルーをアクセントに、奥様こだわりの真鍮をところどころに効かせ、黒で全体を引き締めた洗練された空間になっています。斜め張りにしたフローリングがデザインのポイント。

リビングは深い紺色の壁に、グリーンのソファが映える空間になっています。整頓上手な奥様からのリクエストで、収納力のあるキッチン横のパントリーも実現しました。 

生活動線を考えて、ウォークインクローゼットは寝室から行き来できるつくりに。玄関横には、将来の子供部屋を想定し、ウォークインクローゼットにつながる個室も用意しています。 

ポカポカとあたたかい陽射しが気持ち良い、おふたりの生活に寄り添ったおうちが完成しました。

 

 

 

 

ウェールビーイングタペストリー

 

自然素材と手仕事によって優しさを表現したタペストリー

Wellbeing Tapestryは、心地の良さにフォーカスしたタペストリーです。様々な自然素材を使用しタペストリーとして仕上げています。

美しい自然の質感、カラーリングが特徴的で、ラグブラントNanimarquinaとしては珍しいタペストリーです。様々なパターン、素材が混じり合った120cm x 130cmのサイズで、壁面を暖かく優しくデコレーションしてくれます。

手触り、材質、作り方、品質にこだわり、暖かく優しい室内環境を生み出すためにデザインされています。伝統的な手法を用いて、普通に見えるものを特別なもの仕上げています。NanimarquinaとIlse Crawfordの2017年に始まったコラボレーションにより、現地の自然素材を手作業で、ブリーチや染色をせずに仕上げています。

これを実現するため幅広い新たな技術が必要となり、ラグメーカーとして新たな技術、知識を習得する結果となりました。

 

創造広がるラフな住まい

本屋と食堂

今回の主人公のご主人は食品会社の研究職、奥様は看護師として働いていて、家を買うきっかけになったのは、以前住んでいた社宅の更新日が迫っていた事。

今更新すると次の更新はきっと金額に大きな差がでてくるだろうと思ったお二人はすぐに物件を探すことにしたそうです。

 

当初3つの選択肢を考えていたお二人。3つというのは1. 築古の中古マンションを買ってリノベーションする、2.築浅の中古マンションを購入する、3.新築の戸建を購入する、ということでした。

しかし、新築の戸建だと高額かつ利便性の良い場所にはすでに物件が建っているので希望の場所を選べない、また築浅の中古マンションでも希望の予算と合わない…。それならば築古の中古マンションを買ってリノベーションをしよう!と決心されたんだとか。

物件探しで譲れなかった条件は最寄り駅から家までが徒歩圏内であるということ、そして将来家族が増えた時のため、子育て支援がしっかりしているということでした。

最終的には品川区にある駅から徒歩10分、築34年、60屬諒件を選びました。決め手になったポイントは品川区の充実した子育て支援制度。さらに物件は1階で庭付き。将来子供ができたら野菜を育てて食育もできるかも!と考えたからだそうです。

お二人の希望のお部屋はラフな素材を使用したシンプルな空間。その空間にたっぷり調理スペースのある、木を使用したレトロなキッチンを置くこと。また、ダイニングテーブルは自分達で後からDIYしてみたいということ。さらにお二人ともジャンルを問わず本が大好きなので、本に囲まれるように暮らしたいという要望がありました。

そんな要望を元にデザイナーが提案したコンセプトは“本屋と食堂”。本屋のように天井から床までお気に入りの本を並べられる本棚。そしてレトロな食堂のように大きな調理台を囲んでみんなでお料理が作れるキッチン。その2つを上手く融合させた家をイメージしました。

出来上がったのはコンクリート現しの天井にラジアータパイン合板を床に正方形に張り込んだ2LDK。木を使ったキッチンと本棚を置いたラフなLDKにネイビーの造作扉がアクセントになっています。本に囲まれるように暮らしたいという希望にデザイナーが提案したのは、壁二面に渡る造作本棚。300冊以上ある本がすっきり収まるよう高さを2.5mとり、文庫本、雑誌、マンガなどサイズの異なる物を収納できるよう棚の間隔に変化をつけました。

「コーヒーを淹れてお気に入りのクッションに座りながらゆったりと本を読む。二人で寛いでいる時に幸せを感じるんです。」とほほえみながら語ってくれたご夫妻。

木でまとめたざっくりとした印象の空間。そこに馴染むのはレトロなキッチンと、お気に入りの本が並ぶオリジナルの本棚…。クッキーの焼き上がりをチェックする奥様の隣でコーヒーを淹れるご主人。好きな物をとことん楽しめる二人だけの“本屋と食堂”の開店です。

 

 

 

クナイトコートラック

独自の形状のコートハンガー

Knaegt Coat Rack(クナイトコートラック)は、機能性を美しくデザインに昇華したコートハンガーです。コートフックであり、ハットなどを置くシェルフのようでもあり、自由な発想で機能的なコートハンガーです。

実際にフックに引っ掛けたり、上部にはハットやタオルなどを置くことができます。シンプルに並んだウッドスティックと、それらをまとめて留めるレザーラインにより、かけるものの重量でフォルムが変わるユニークなフォルムを生み、独自のデザインエッセンスとなっています。

12345>|next>>
pagetop