August 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

二人の価値観に暮らす

シノワズリの香

 

公務員のご主人と、都内勤務の奥様の二人 暮らし。二人は結婚を機に、一緒に住む家探しを始めます。

二人のこだわりは、住むハコよりも中身。とにかく「明るく風が通るお風呂」と「大きな本棚」が絶対に欲しいと考えていました。そして、奥様の実家に近い江東区エリアというのがもう一つの条件です。

表層のみのリフォームは何か違うと感じていたところ、リノベーションならどんなプランでも出来るし、出逢った物件がかなりリノベーション向きな物件だとの説明を受け、一気に夢が広がったご夫妻は、築16年で79屬塙さのマンションのリノベーションを即決されたのです。

ご主人が以前住んでいたのは、単身用の1ROOMで奥様が遊びに行くとお風呂に窓がなく、なんとなく圧迫感を感じていたので、お風呂に光と風が入るプランというのは絶対条件。

映画鑑賞が趣味のお二人は、壁一面の収納棚があったら良いなと考えていました。イメージは、本を沢山収納してある、図書館みたいな家。

デザイナーから提案されたコンセプトは「シノワズリの香」。

悩んだ末最終的に二人で結論を出したのは、本棚で大胆に空間を仕切った案で西洋から見たシノワズリの要素を、細かい木組みの棚や格子の引き戸に表現した空間が特徴的でした。

実は、結婚式とリノベの時期が丁度重なっていて、その時期はとても多忙だったお二人でしたが、それだけ家づくりへ情熱を捧げたご夫妻のシノワズリの香漂うこの家での暮らしは始まったばかりです。

ご夫婦の共通の価値観がたっぷり詰まった新しいお住まいで、幸せなライフスタイルを積み上げていくという進行形を楽しめるのはリノベーションならではですね。

 

 

 

整然としたコーディネートされたインテリアの一角にこんなアクセントはいかがでしょうか

 

ウェイトベース

コンクリートとブラックラインの美しいコンビネーション。

特徴的なコンクリートのボトムに植物の首を支えるようなスチールフレームが特徴的なフラワーベースです。

スチールフレームが額縁のように植物を切り取り、茎の部分もより美しくディスプレイしてくれます。

コンクリートとスチールの無機質と、優しい草花とのコンビネーションが独自のアートになります。

 

pagetop