August 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

新築派VSオーダーメイド派

新築派妻の心を動かしたオーダーメイドの魅力

 

今回のお若いご夫婦のリノベーションは、ゼッタイ新築宣言をしていたお奥様を、猛烈なご主人のリノベ愛が押し切ったというケースのご紹介です。

「特に新築がいいという明確な理由はなかったのですが、綺麗さは新築に叶わないと思っていたので。」と新築神話に傾倒していた奥様でしたが、オーダーメイドで家づくりができるという点に気持ちが傾いて……、最後は折れる形に」と今回は、ご主人に軍配が上がったようです。

こだわりは、天井や壁に真っ白のクロスを貼ること、ご主人は躯体あらわしに憧れていたのですが、それだけは受け入れ奥様に受け入れてもらえなかったようです。

それぞれの想いが折衝する中で完成したお住まいは、アクセント壁のネイビーカラーと、ウォールナットカラー塗装のフローリングが印象的。色合いのコントラストが美しく、おふたり共に一番気に入っているところなのだそうです。

真っ白な腰壁が印象的な対面式のキッチンカウンターと隣り合う位置に、奥様専用のドレッサー兼ワークスペースを設置。家事や身支度の動線をひとまとめにして、機能性を重視したそうです。 

大きな開閉式の室内と壁上部にすき間をあけ、リビングに設置されたエアコンの送風が寝室内まで入るように空調が計算されています。寝室にはエアコンを取り付けずリビングの1機を上手に活用することで、エアコン購入費用はもちろん、日々の光熱費が抑えられる高コスパの間取りにしたそうです。

WTC(ウォークスルークローゼット)は玄関土間へとつながり、回遊できるようになっていて、玄関側の壁には、「見せる収納」が、玄関土間には、こだわりの六角形のヘキサゴンタイルがあしらわれています。 

玄関横のスペースを活用して、ご主人のワークルームに。上部には、天井のすき間を活かした棚を設置し、わずかな空間も有効活用する驚きのアイデアです。 

モザイクタイルが可愛らしい洗面所は、廊下に面したオープンタイプ。インテリアとして「見せる洗面所」にしています。隠したいランドリースペースとトイレはひとつにまとめ、広々とした空間になっています。  

限られた空間の中で「見せるもの」と「隠すもの」をバランス良く配した、お手本にしたいアイデアルームです。

 

 

 

仲のいいお二人には、カワイイ遊び心のあるデスクランプはいかがでしょうか。

 

Tatu タトゥー

ポップアートアイコンとなったデスクランプ

パイプをつなぎ合わせたような印象が特徴的なデスクランプです。Tatuとはスペイン語でアルマジロを意味します。

ある日デザイナーは、フライトの座席で本を読んでいて、隣で眠る奥様を読書灯で起こさないか心配していた時に、本の中に登場するアルマジロ、妻の睡眠を邪魔しない照明、ふたつが交差し異色の組み合わせでのアイディアが浮かんだそうです。

3つのジョイントでそれぞれ自由に回転させ、シェルフやデスク、ベッドサイドテーブルなどに使えるだけでなく、付属パーツを使えばウォールランプとしても活躍します。ビーム角が調整可能な集光レンズにより、スポットライトや間接照明としても幅広い用途に対応します。

奥様へのさりげない気遣いが生み出したこのデスクランプ。仲のいいお二人には、もはや必需品ですね。

 

pagetop