August 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

それぞれの居場所がある家

MY PLACE

今回はご夫婦と一人息子と奥様のお母様とペットの4人+1匹の家族の住み替えです。新築の画一化された

住まいに無力を感じていなかった奥様の希望で、中古マンションのリノベーションになったというお話です。

計画の条件は、家族がゆったりと寛げるスペースを確保出来る70平米以上の広さ、そしてご主人の勤務先である銀座まで30分程で通える場所、さらに飼っているチワワも一緒に暮らせる様に、ペット可の物件ということでした。

最終的には竹の塚の物件に決めたのですが、そこは以前住んでいた駅は隣の駅だったため、お子様の保育園もそのままで基盤を崩さずに暮らせ、庭があり、南向きの角部屋、築年数も浅く大規模修繕があったばかりで共用部もとてもキレイだったのが決め手だったとのことでした。

プラン作りの希望は、家族それぞれにきちんと”居場所”をつくりたいということで、お裁縫が好きなおばあちゃん、お料理が趣味のお母さん、バイクが好きなご主人、そしてお子様の遊べる場所・・・そしてそれぞれのスペースに違った個性を出したい。また、憧れていた「ロフト」も作りたいということでした。

デザイナーから提案されたコンセプトは「MY PLACE」。家族それぞれのお気に入りの場所がひとつの空間に点在する、3LDKプランです。

リノベーションをしてから、友人を呼ぶ機会が格段に増えたという奥様。「今一番幸せな時間は、友人が遊びに来て楽しそうにしている時です」と笑顔で話されました。

4人と1匹の動線が心地良く交わりつつも、それぞれが寛ぐ居場所。みんなの家も、わたしの場所も、それぞれのMY PLACE。ドアをひとつひとつ開けるたびに違った笑顔を見せるそれぞれのスペースが、そんなことを感じさせる住まいでした。

 

 

 

 

それぞれの空間と、皆が集まる空間が両立する住まいには、家族にみんなのスタイルに対応しながら、皆が集まるこんなテーブルはいかがでしょうか

Sagyo Table サギョウテーブル

 

美しく作業するテーブル

中央のトレイが特徴的なテーブルです。あらゆる作業に対応するテーブルとしてデザインしています。ホームオフィスにおけるデスク、ダイニングテーブル、子供の勉強机としての使用が考えられます。テーブルトップは2つに分かれており、天板の隙間から電源ケーブルを通すことができます。この隙間に沿ってテーブルトップのアタッチメントトレイを取り付けられます。

トレイに小物を載せることで、よって天板を広く使いながら、文房具、果物、またはコーヒーなどをトレイに置くことができます。

使う人によっていかようにも対応し、暖かな木肌のさわり心地のこのテーブルは、使い込むほどに家族の一員となっていくことでしょう。

 

pagetop