絶妙な空間とつながりの住まい | 生活雑貨とリノベ生活  ryugoo
June 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

絶妙な空間とつながりの住まい

空間のつながりと広がり。ふたりの時間が流れる家

 

新築と比較して「思いのままのカスタマイズができる」という点に魅力を感じ、最初からリノベーションを決意していた共働きのご夫婦、慣れ親しんだ地域で物件を探していたところ徒歩圏内で買物や食事ができる利便性に加え、都会の中心でありながらリバーサイドにあるという、恵まれた立地に一目惚れして物件購入を決めたそうです。

海外のロフト」をイメージしたというリビングは、天井がコンクリートあらわし、床はモルタルの土間でハードな印象に。壁はクロスを使わず塗装にすることで、リノベーションならではの素材を感じられる空間に仕上がっています。 

就寝時間の異なるおふたりのライフスタイルに合わせて、夫婦それぞれの寝室を設けているのも特徴的です。

「限られた面積の中で、できるだけ広く感じられる空間にしたい」というご要望を叶えるため、奥様の寝室はリビングの一画に設け、間仕切り壁ではなく、あえてカーテンで区切っています。就寝時以外はカーテンを開け、広々としたリビングで過ごされているのだそうです。

一方、帰宅後に仕事をされることが多いご主人の寝室は、個室として設けられています。窓がない寝室でも光が入り、部屋全体のつながりが感じられるよう、リビングに面した壁は大きな室内窓に。窓にはブラインドがついており、閉めることで完全な個室として使用できるようになっています。 

また、各部屋にはクローゼットをつくらず、大容量のウォークインクローゼットに集約することで、スッキリとした空間を保っています。 

新しいお住まいに引っ越してから、掃除の回数も増え、ご友人を招く機会が増えたというご夫婦。もともとは土間だった玄関にご自身でタイルを貼るなど、少しずつ家をカスタマイズをして楽しんでいるといいます。 

リノベーションがクセになったと語るご夫婦。自分の思い描いていた住まいが出来上がったときはとても感動したそうです。

物件探しから、何度も打ち合わせを重ね、たどり着いたおふたりだけの快適な住まいをリノベーションが実現いたしました。

 

 

 

広い空間のなかで、二人っきりの時間を過ごすお気に入りの場所には、こんなランプの演出が不可欠です。

 

トライポッド G5フロアランプ

美しいリボンのシェード。フロアバージョン。

リボンの陰影が美しく折り重なるシェードが特徴的なTrípode G5です。職人によって丁寧に仕上げられたコットンリボンの質感が、やわらかく、立体的な印象を生んでいます。ブラックの3本脚がシャープな印象をミックスし、どんな空間でも使いやすいデザインに仕上がっています。

Santa&Coleは、1985年設立、スペイン・バルセロナに拠点を置く照明ブランドです。美しいデザイン、時代を超越するクオリティ、尊敬すべきデザイナーの照明を追い求めています。

 

comments

   
pagetop