いい住いは想いの分に比例する | 生活雑貨とリノベ生活  ryugoo
July 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

いい住いは想いの分に比例する

風を感じる、ロングベンチのある家

 

今回のリノベーションは、大好きなハワイ在住アーティストが描く絵画の似合う家”がテーマのお住まいです。

ホワイトオイル塗装を施した無垢材フローリングが印象的で、間仕切りを極力減らして、風通しの良い開放的な空間、リビングと寝室を仕切るブルーグレー色の扉は、すべて開放できる引き戸になっており、リビング側の窓と寝室側の窓のどちらからも風と光を取り入れられるつくりになっています。 

一番のお気に入りポイントは、リビングダイニングの壁一面に設けられたベンチ兼収納棚。ご家族のコミュニケーションの場としてはもちろん、たくさんのお友達を招くホームパーティーでは座席として活躍しています。


子供部屋は壁をつくらずカーテンで仕切る形に。お子様が大きくなった際には独立した個室につくり替えられるようになっています。


オープンスタイルのキッチン横には、食器棚・冷蔵庫・洗濯機をすべて格納するパントリーを配置し、ひとつの動線で家事がおこなえる工夫されています。また、玄関土間へそのまま抜けられる扉も設けられています。 

玄関の壁は、アクセントにヴィンテージ感のある木目風の輸入壁紙を使っています。真っ白なサブウェイタイルが印象的な洗面所は、奥様こだわりの空間。洗面所は来客も使うスぺースであることを考慮し、洗濯機をパントリーに移し『見せられる空間』であることを意識したのだそうです。 

『自分たちの暮らす姿がイメージできるかどうか』が家づくりをする上で大切だと、今振り返って感じますと話してくれました。

 

 

 

 

 

 

開放的で風を感じる住まいにはとってもお似合いですよ。って言われました。

 

BKFチェアマリポサ キャンバス

クラッシックチェアをキャンバスで再構築

バタフライチェア”として有名なBKF Chairのキャンバスモデルです。蝶が羽根を広げたようなフォルムに、包み込まれるような座り心地、シンプルな脚の構造が特徴的で、1938年の誕生以来、特に1950年代には500万脚製造されるなど人気のチェアでした。

現在にいたるまで数多くの芸術家をはじめ、世界中で愛される人気のチェアです。展開カラーはホワイト x ブラック脚のみで、フレームにかかる部分はナチュラルレザーでしっかりとした仕上げです。

よりカジュアルでリーズナブルに季節を問わずお使いいただけるクラッシックデザインです。

 

comments

   
pagetop