自分の理想にこだわり尽くす | 生活雑貨とリノベ生活  ryugoo
July 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

自分の理想にこだわり尽くす

ノイズが入らない空間づくりにこだわった家

今回のリノベーションの主役はある意味インテリアといっていいでしょう。

ご夫婦が趣味で集めたジャンルを問わないさまざまなスタイルのインテリアが主役になる空間を実現することが、ご夫婦の目指すリノベーションだからです。 

木目や形など、家具のディテールが映えるよう床全面に『モルタライク』という素材を使用。扉などの建具周りでは、隠し蝶番を使ったりドア枠を外したり、空間にノイズが入らないよう細かい部分にこだわっています。 

設計プランの検討時には、実際の間取りと同縮尺の家具を紙でつくって、の家具をどこに配置するのがベストか、ご夫婦で試行錯誤したというほどのこだわりよう。

結局、自分達のイメージと実物にはズレがあり、うまくいかなかったそうですが、その熱意は周りのものも巻き込んでいったそうです。
こだわりの空間を実現するために、生活感を抑える工夫も施されています。

“夫婦共働き”かつ“子育て中”なので、日々忙しくて部屋も散らかりがちになるので、忙しくても一度にパッと片づけられる機能的な収納を目指したそうです。ポイントはウォークインクローゼット(WIC)とキッチン背面の扉付きパントリー。家事動線に沿った位置に配置されています。

特に生活感が出やすいキッチン周りのものは、レンジやウォーターサーバーまで格納できる大型パントリーにすべてを収納しています。 

LDKを広々とさせたことで面積が自ずと狭くなった洗面所・浴室は、圧迫感を感じず快適に過ごせるよう、開放感のあるガラス窓貼りに。空間に広がりを与えています。 

自分たちが目指したいアートな暮らしと、現実的な暮らし。どちらも両立させるお住まいが完成したようです。

 

 

 

 

 

フォールドシェルフ

飛行体のような軽快なウォールシェルフ。

そのもの自体がこんなにスタイリッシュでクールなシェルフがあるでしょうか。

Foldは、特徴的なフォルムのウォールシェルフです。飛行体や折り紙を彷彿とさせるような軽快な印象です。

シェルフ自体がアイコニックなので、壁面のデコレーションとして十分な存在感です。もちろん、お気に入りのオブジェを飾る場所としてもしっかりと引き立ててくれるデザインです。

その空間がすべてオシャレな空間に変わる存在感が実感できますよ。

 

comments

   
pagetop