August 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

今の住まいを再生する

VINTAGE ×SOZAI

「私たちらしさ」を追い求めて

今回のオーナーはインテリア関係のお仕事をしているご夫妻です。以前は賃貸にお住まいでしたが賃貸にずっとお金を掛け続けるのはもったいないと思い、お二人のお子様がちょうど幼稚園と小学校に入るタイミングで物件を購入しました。

駅から徒歩10分、築29年、約101屬涼羝泥泪鵐轡腑鵑粘彑鼎塀斬雎垢涼罎砲△蠅泙后「もっと私たちらしい家に住みたい!」そう考え始めた結果、今住んでいる物件をリノベーションするということにたどり着きました。

「リノベーションだったら今住んでいる物件を活かしながら、より自分達の理想のお部屋に近づける事ができる」と思いいろいろ調べていくうちに「床や壁も自分達で質感や色味を確かめて、じっくりこだわりの家を作りあげたい」そう考えていたご夫妻はリノベーションすることを決めました。

住む家から楽しむ家に

古い物が好きというお二人の希望は飽きのこないヴィンテージ感溢れる空間にしたいということでした。それにプラスしてどうしてもゆずれなかったポイントは2つ。1つ目は、外でお昼寝をしているような気分になれるハンモックスペースをつくりたいという事。そして2つ目は子供が走り回って楽しめる広いリビングにしたいとのことでした。

そんなご夫妻にデザイナーが提案したのは「VINTAGE×SOZAI」というコンセプト。古材など味のある素材を重ね合わせたヴィンテージ感溢れる家。またアウトドア好きというお二人のために部屋に居ながらもアウトドア気分を味わえる、そんな空間をイメージしたそうです。

そして完成したのは木をふんだんに使った3LDK+WIC。

LDの中でも一際目を引くのは足場板のアクセント壁。枯れた流木のようなテイストが好みというお二人に、ヴィンテージ感のある足場板はまさにぴったり。ざっくりとした印象の壁に飾られた時計やインテリアは、なんだかより輝いて見えます。

LDを挟みアクセント壁の反対側にあるキッチンには、子供達が楽しめるアイディアをプラス。黒板塗装が施された腰壁は子供達のかわいらしい絵で彩られています。

いつも奥様が料理をしている間、子供達が寛いでいるのは2つのハンモック。奥様だけでなくここはお子様にとってもお気に入りスペース。天気の良い日は窓を開けて暖かい陽気と風を感じながらここで本を読んだり、お昼寝をしたりするのが最高なんだそう。まるで外にいるかのような開放的な空間で、家族皆が思い思いに自分の時間を楽しんでいました。

 

日々の暮らしに隠れているもの

お酒を飲むのが好きだというお二人。「リノベーション後はもっぱら家で飲むようになりました。家の方がなんだか心地良くって。好きな料理を作って晩酌って最高ですよ。」とお二人。

そんなお二人が今一番幸せを感じるのは「ふとした瞬間」なんだとか。「たとえば子供がハンモックで気持ちよさそうに寝ている時。二人で晩酌している時。棚にお気に入りのヴィンテージアイテムが並んでいるのを見た時。そういうふとした瞬間に本当にリノベーションをしてよかったなあと思うんです。」ヴィンテージ素材をふんだんに使った空間に流れる心地よい風。たくさんのグリーンに囲まれたダイニングでおしゃべりをするご一家。そんなご一家のお宅にはきっと幸せな「ふとした瞬間」がもっともっと増えていく事でしょう。

 

 

 

 

 

 

フォールディン

自由で優しいシェルフ

 

oldinはシンプルでミニマムなシェルフユニットです。力強いフレーミングが独自のデザインです。デザイナーのetc.etc.は日本の美意識からインスピレーションを受け、ヨーロッパのスタイルに落とし込みました。

それぞれの棚板はプライウッドとフェルトによるユニークな構造。フェルトにより柔らかく折りたたむことが出来ます。工具不要で簡単に取り付け取り外し、自由な構成が可能で、目的に合わせてコーディネートが可能です。

デザインはリトアニアの若手ユニットInesaとArunasの二人組etc.etc.によるもの。

リトアニアンデザインをイタリアンデザインやデニッシュデザインと同等な世界的なトレンドの一つにするべく立ち上がったブランドEMKOの製品です。

リトアニア伝統のデザインを研究すると同時に国際的に活躍するデザイナーを起用し、コンセプチュアルなデザインを製品化させています。

 

comments

   
pagetop