August 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

現実と希望に合致したリノベーション

 

ラワン×チークが彩る、あたたかい家族の時間

 

新築を検討していたものの、「戸建ては価格や場所的に厳しい」「間取りや仕様がおもしろくない」ということからリノベーションを考え始めたというご夫婦。ヴィンテージ感のある家具がお好きなため、それに合う雰囲気にあわせたこだわりの家づくりができることも大きなポイントだったといいます。 

ペット可の条件で探していたところ、広さ、価格、場所ともに要望にぴったりで、高級感のあるタイルが施された外観が素敵なうえに非常に利便性の高い立地にあり、通勤するのにも便利な物件とめぐり合えました。 

内装はラワン材やチーク材などの木材を多く用いてつくられたお部屋で、全体的にぬくもりを感じられるあたたかい雰囲気に仕上がっています。

ご主人が特にお気に入りなのは、リラックスムード漂う寝室。天井を木にすることで、落ち着きのある空間となりました。

そして奥様のお気に入りは、ステンレス天板と腰壁タイルで仕上げられたキッチン。広くて調理がしやすくなった上、スッキリと片づけやすい仕様になっているため、料理をする頻度も上がったといいます。

 

広告
>

 

 

広々としたLDKは、将来を見据えて子供部屋を2部屋つくれるように考えた間取りになっているのもポイントです。 

そして注目したいのは、大胆な水回りの移動です。もとはお風呂だったスペースをWICにすることで、通気のよさを確保。また、水回りを一箇所にまとめ、WICの隣に洗濯スペースを持ってくることで家事がグッと楽になったそうです。

「籠れる空間が欲しい」という奥様の要望を叶えるため、WICは奥様の好きなブルーの壁とヴィンテージパインを使用した肌ざわりのよい床に仕上げ、落ち着けるスペースに。収納はもちろん、籠り部屋としての役割も兼ねています。 

自宅で過ごす時間が楽しみになる、あたたかい家族の空間ができあがりました。

 

広告

 

ベルサイド/コーヒーテーブル

ガラス素材が特徴的なサイド/コーヒーテーブル。

Bell Side Table/Coffee Table(ベルサイド/コーヒーテーブル)は、ガラスの印象が特徴的なサイド/コーヒーテーブルです。

軽快な印象のガラスをベースと天板に使用し、真鍮素材のフレームをまとっています。職人による手吹きガラスを木製モールディングで仕上げています。

ガラスと真鍮のコントラストが、テーブル以上に彫刻作品のように存在し、全体の柔らかなフォルムがベルのような印象です。空間の中心として、鑑賞できるアートピースのような家具として、所有する喜びを持たせてくれるどこまでも特別なテーブルです。

広告

comments

   
pagetop