August 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

自然と風と

 

 

 

フラスカ スツール

 

 

 

深いテーマがこめられています。

 

 

このスツールの台座は、杉の間伐材を利用して作られています。

 

 

今、日本の森林は、戦争中の無計画な伐採のため資源の枯渇した重篤な状態から、国を挙げての人工林の強力な推進のため、ある程度の回復は果たしたものの、低い賃金と働き手の高齢化、後継者不足と言う現状はなかなか改善せず、手入れをされずに放置されている人工林がたくさんあるようです。

 

 

しかし手入れをされずに樹木の生長がにぶると、水源涵養力、土壌保全能力が低くなり、水害などの原因にもなります。環境保全のためにも、間伐による森の手入れが重要なのです。

 

 

 

間伐材有効利用の一つの提言として、天然の間伐材と木立を模した造形スチールを組み合わせて、オブジェとしても存在感のあるスツールを作り出しました。

 

 

二つと同じものがない間伐材が作り出す模様と、醸し出す味わいが、自然の持つ力強さと、生命力を感じさせます。

 

詳しくはコチラから

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

ながく住み続けたい私のための家

 

ロケーションは東京都江東区、築年数は31年、間取りは2LDKから1LDKのマンションリノベーションです。

 

 

「新築マンションの間取りは基本的に家族向けにつくられていて、ひとり暮らしの私には使いづらそうだな」と感じていて、長く住み続けたいからこそ、間取りをイチからつくれるオーダーメイドのリノベーションがベストな選択肢だと思ったのが動機だそうです。

 

 

おうちづくりで大事にしたことは、『風通しのよさと、何歳になっても暮らしやすいスムーズな動線』で、今回のリノベーションでは、動線にあわせて収納場所をつくっているので、ストレスなく片付けができています。と、オーダーメイドならではの暮らしやすさを感じているそうです。

 

 

自分にぴったり合う住まいは、心地よさだけでなく暮らし方自体も変えてくれる力があるようです。

 

 

詳しくはコチラから

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

感性と触れ合う

 

 

 

ヒップストーリーウォールプリント

 

歴史的な人物がカジュアルクローズに身を包んだ。

 

 

イスラエルのイラストレーターAmit Shimoniによるデザインで、世界的に有名な人物をファッショナブルに着せ替えた架空のポートレートのシリーズです。

 

 

話題のトランプ大統領や歴代の偉大なリンカーン、J.F.ケネディなどの政治家や、歴史的に有名なガンジー、ダライラマ、アインシュタインなどの人物などを、作者の感性でヒップホップスタイルや、ラフなファッションに身を包ませて、独特の世界観を表現しています。

 

 

ギャラリー品質の世界最高峰印刷技術ジクレープリントを、ナチュラルホワイト、マット、ウルトラスムースに中性紙に施しています。1インチ(2.54cm)の余白を設けたフレームなしでのお届けです。

 

 

詳しくはコチラから

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

 

アンティーク家具との丁寧な暮らし

 

ロケーションは埼玉県飯能市、築年数は23年、間取りは2LDK+ウォークインクローゼットのマンションリノベーションです。

 

 

素敵なインテリアが、それぞれに魅力を放つ2LDK+WICプランです。

 


 

アンティーク家具のコレクションにピカピカの壁やフローリングは似合わないと、風合いにこだわった素材を全体に使用しました。

 

 

自然を大切にする家人の、緑と木材のフローリングやアンティーク家具のコーディネートが、快適な毎日を演出しています。

 

 

いつかどこかで訪れたことのあるような懐かしさに、心まで解きほぐされるような空間です。

 

詳しくはコチラから

 

 

 

スポンサーリンク

 

ヴィンテージと過ごす

 

 

アルル デスクランプ

 

このカタチ、なんかいいなあ。

 

 

モダンテイストに、どこか懐かしさを感じるレトロ感をミックスしたデザインのデスクランプです。

 

 

大き目のシェード、絶妙なカーブの細い脚、アクセントとなるコネクターや脚に取り付けられた真鍮の輝き、レトロの香りのする最新フォルムです。

 

 

シェードは角度調節可能なのも嬉しいポイント。

しっかりと機能性も考慮されています。

 

 

 

カラーバリエーションはなんと4色あるので、どんなインテリアにもぴったりのカラーが見つかること間違いなしです。

 

 

好きな場所で、いろいろなシチュエーションで貴方だけの時間を一緒に過ごしてみませんか。

 

詳しくはコチラから

 

 

 

スポンサーリンク

新生活特集2019:PREMOA(プレモア)

 

 

 

 

 

 

ラワン×チークが彩る、あたたかい家族の時間

 

ロケーションは福岡県福岡市、築年数は25年、間取りは3LDKから1LDK+ウォークインクローゼットのマンションリノベーションです。

 

 

住まい探しのポイントは、ヴィンテージ感のある家具がお好きなため、それに合う雰囲気にあわせたこだわりの家づくりだったそうです。

 

 

ラワン材やチーク材などの木材を多く用いてつくられたお部屋は、全体的にぬくもりを感じられるあたたかい雰囲気に仕上がっています。

 

 

広々としたLDKは、将来を見据えて子供部屋を2部屋つくれるように考えた間取りになっているのもポイントです。 

 

 

自宅で過ごす時間が楽しみになる、あたたかい家族の空間ができあがりました。

 

詳しくはコチラから

 

 

 

スポンサーリンク

アウトドア&フィッシング ナチュラム

 

奇抜にキメる

エクイリブリウムウッド

 

絶対的な浮遊感。

 

 

絶妙なバランス感で浮遊感のあるランダムに積み上げられたボックスは、崩れる瞬間を切り取ったようです。

 

 

絶対的な安定感が常識と言うか、一般通念の収納ボックスを、その存在自体を魅せるオブジェとして形にした、収納というよりもディスプレイボックスですね。

 

 

上品に角度をつけたそれぞれのシェルフには、ブックエンドは不要です。また、ハンドメイドで作られるシェルフは耐荷重60kgに耐えます。

 

 

WOODモデルは自然の風合いを生かし、天然木ベニアのユニークな質感、木目がそれぞれの個体を二つとない物に仕上げています。

コロンビアの首都ボゴタで2009年に生まれたデザインスタジオMALAGANA DESIGNの製品です。

 

詳しくはコチラから

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

黒格子とガラスでキメる

 

ロケーションは東京都港区、築年数は47年、間取りは1LDKのマンションリノベーションです。

 

 

キッチンにバーカウンターを設けた1LDKプラン。

 


壁に取り付けたオリジナルシェルフには間接照明を忍ばせ、
お酒のコレクションを輝かせます。

 


 

リビングと隣接する寝室はガラスで隔て、広々とした開放感はそのままにスタイリッシュさをプラス。

 

 

ガラス壁の黒枠×壁のブリックタイルでアンティーク感を演出しました。

 

 

詳しくはコチラから

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

こだわって楽しんで

X テープ

テープのイリュージョンでダンボールをしっかり梱包。

 

箱に貼るガムテープの機能を視覚的に表したユニークなガムテープです。

 

 

ドアの留め具の蝶番(hinge)、レザーのベルト(strap)、懐かしいスライド式ドアロック(tower bolt)、バインダー(o-ring)の4種類のバリエーショがあります。

 

 

レザーのベルト(strap)タイプを使えば、段ボールもおしゃれなスーツケースのように見えます。使い方はもちろん自由自在。このテープを使ってデコレーションすれば、いろいろなものを生まれ変わらせる事が出来ます。

 

 

透明テープにリアルなモチーフがデザインされているので、少し離れるとテープで留めたようには見えません。

 

 

荷物を梱包して送るという無機質で事務的な行為が、なにかウィットを感じさせるメッセージも届けるようで,プラスアルファの気持ちが伝えられるようです。

 

 

もちろんダンボール以外にも家具や、お部屋の装飾として自由にお使いいただけます。

 

詳しくはコチラから

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

プロセスから楽しんでつくった全部がお気に入りの家

 

ロケーションは神奈川県川崎市中原区、築年数は18年、間取りは4LDKから2LDK+ウォークインクローゼットのマンションリノベーションです。

 

 

やりたいことを全部やりきったので、気に入っていないところはひとつもないという物件との良縁な出会いがありました。

内装はもちろんインテリアまで細部にこだわって、住まれる方と相性ピッタリのお住まいが完成しました。

 

 

「せっかくつくるなら楽しい家にしたい」とリビングに取り付けたハンモックは、お気に入りの場所のひとつ。

 

 

リビングの天井にはホームプロジェクターを取りつけ、お気に入りのソファで映画鑑賞やゲームを大画面で楽しんで、お友達を招いたときにも活躍しているそうです。

 


 

打ち合わせが楽しくて、平日の仕事後にひとりで打ち合わせに行ったことも、お休みの日には家具屋めぐりをされたり、平日もネットで家具を探したりと計画中からこだわって、楽しい時間だったと語るお二人。

 

 

リビングの一角に設けた旦那様用ワークんスペースには、お二人の思い出の写真がたくさん飾られていました。 

 

詳しくはコチラから

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

お待ちかね2019年02月23日版です。

20:02
木の香に寄り添う https://t.co/q3RipEGlpy #jugem_blog
<<back|<21222324252627282930>|next>>
pagetop